×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

砂時計 マンガ あらすじ

砂時計のマンガは少女マンガで累計350万部を超えた人気コミックスです。砂時計のマンガのあらすじの原作は芦原妃名子さんで小学館ベツコミフラワーコミックスの砂時計をテーマにしていてテレビ連続ドラマにもなりました。砂時計のマンガは第1巻が 2003年8月に発行されて、最終話まで全10巻になっています。<砂時計のマンガのあらすじ>両親の離婚を機に母親の実家・島根に12歳の冬に越してきた植草杏。田舎独特の雰囲気に当初は馴染むことが出来なかった杏だが、近所に住む北村大悟や、月島藤、さらに、その妹・椎香に出会い心を通わせることにより、嫌で嫌でしょうがなかった村にやっと居場所を見つけ、やがて、杏と大悟の間には恋心が芽生えていくが・・・砂時計のマンガのあらすじは、こんな感じです。砂時計のマンガのあらすじは、杏と大悟を中心にした、14年間にわたる純粋な感じと切なさを表した恋物語です。

砂時計マンガのドラマ

砂時計のマンガはドラマにもなりましたが、砂時計のマンガはドラマの方もとても好評で話題になりました。砂時計マンガがテレビで登場したは愛の劇場の砂時計です。砂時計はTBSで毎週月曜日から金曜日までの放送で砂時計のマンガのドラマの方は全60回の放送でした。砂時計マンガのドラマのみどころとしては、杏の故郷であり、大悟の住む島根は砂時計マンガのドラマでも重要な役割を果たしていています。砂時計マンガのドラマのストーリーの原点となっている世界最大の砂時計がある仁摩サンドミュージアムだけでなく、石見銀山や出雲大社、琴ヶ浜、宍道湖など島根の美しい景色もふんだんに盛り込まれていました。同じ砂時計でもマンガとドラマとストーリーは同じでも少し雰囲気が違うように思われました。砂時計マンガのドラマの主人公の杏は、20歳からの大人時代が佐藤めぐみが演じ、中高生の時代を小林涼子が、そして小学生時代は美山加恋と、それぞれが現在注目されている女優たちばかりです。砂時計はマンガからでなくドラマから入った人も多いようです。

砂時計 マンガのストーリー

砂時計 マンガのストーリーは誰もが経験したことがある淡い思い出・初恋がテーマです。砂時計 マンガのストーリーでは杏と大悟の二人の初恋の行方を12歳から26歳まで、14年間に渡って見つめています。出会い、初恋、初めてのキス、別れ、再会…。春夏秋冬を行き来し島根と東京を舞台に現在、過去、未来をつないでいます。杏と大悟、その二人に恋心を抱く藤、椎香ら、二人を取り巻く人々の心の動きを丁寧に描いていく砂時計 マンガのストーリーに涙する人もいます。砂時計は上下ひっくり返したりしますが、砂時計 マンガのストーリーの展開も正に砂時計のようです。さらに砂時計が時を刻むように、砂時計マンガのストーリーは子供から大人への階段を歩む姿をとらえています。

Copyright © 2007 砂時計 マンガのストーリーとは